• 086-528-3700
  • お問い合わせ
  • youtube
  • facebook

葬儀のマナー

会葬者として、故⼈を偲ぶために
礼儀や作法を知っておきましょう。

服 装

男性

通夜: ⿊の略礼服やダークグレー、紺などのスーツに⽩ワイシャツ。ネクタイ、靴下は⿊です。
葬儀・告別式: ⿊のスーツに⽩ワイシャツ。ネクタイ、靴下、靴は⿊で揃えましょう。

※もし正式な喪服を持っていたとしても親族よりも格が上がらないように、準礼装か略礼装を着⽤するのが良いです。

⼥性

通夜: ⿊・グレー・紺などのスーツやワンピース。装飾が控えめなものを選びましょう。
葬儀・告別式: ⿊のスーツもしくはワンピース・ストッキングは⿊が好ましいです。靴やバッグも⿊で揃え、アクセサリーの装着は真珠や結婚指輪以外は避けましょう。

⼦ども

通夜: 制服を着⽤します。ない場合は、⽩いシャツやブラウスに無地の⿊・紺・グレーのズボンやスカート、ワンピースを合わせます。
葬儀・告別式: 通夜と同様です。
式場でのマナー

通夜に弔問する場合

到着したら祭壇のある部屋に⼊り、喪主や遺族の⽅々にお悔やみを述べます。
お参りしてから席につきますが、着順に上席から詰めるようにします。

葬儀・告別式に会葬する場合

到着したら、受付で「このたびはご愁傷様でございました」などと、お悔やみの挨拶をして、⾹典を渡します。
すでに通夜で⾹典を渡してある場合は、受付で記帳だけを済ませます。

焼⾹の⼿順は以下の通りです。

  1. 焼⾹台の⼿前で合掌し一礼します。
  2. 左⼿に数珠をかけます。右⼿の親指・⼈差し指・中指の3本で抹⾹をつまみ、左⼿を添えてささげます。
  3. 抹⾹を⾹炉の中へと落とします。※宗派によって回数が変わります。
  4. もう一度合掌し、⼀礼後席へ戻ります。
arrow